The Life

書けますか

今日、Yahooのニュースを見て、涙が出た・・・
以下、コピペで申し訳ないですが、転記させてもらいます。。。

この母親は最大被災地の一つ、四川省綿陽市北川(ほくせん)県で、地震発生翌日の13日、四つんばいになった格好で遺体で発見された。遺体は倒壊した建物に圧迫されており、救援隊は立ち去りかけたが、何となく気になり、ふと遺体の下のすき間に手を差し入れたところ、温かいものに手がふれた。
 「赤ちゃんが生きている!」。救援隊員が叫び、救出作業が再開。生後3~4カ月とみられる無傷の男の赤ちゃんが毛布にくるまれて発見された。
 救援隊員が母親の体を調べると手に握られた携帯電話の画面に、1行のショートメールが残っていた。「赤ちゃん、もし生き伸びてくれているのなら、私があなたを愛していたことを絶対忘れないで…」。子を思う母親の愛の深さに、救援隊員も思わず涙を落としたという。


自分に子供ができてからは、子供に関するニュースに敏感になり、親としての在り方に自問自答することがある。
贅沢な悩みだと思った。 与えられた命をこのような形で全うできないのは無念の極地だと思う。

お母さんは倒壊した建物の力を背で受けながら何を思ったのだろうか・・・
せめて我が子へ想いを伝えるために、息も絶え絶えに一行を残したのかと想うと、あふれるものをこらえきれなかった。

そして、この一文が人から人へ、それも恋人のように対等な存在として書かれている表現が、また愛情の深さを表しているように感じた。

f0145484_224168.jpg


今君に たった一文の遺書が 書けるだろうか
ずっとずっと 書けない 書かない 日々が繰り返されますように


 ☆ブログランキングに参加しています。この写真で楽しんで頂けたらポチッと一押しを!☆
by mono_color_8 | 2008-05-20 22:17 | D200