The Life

老いて熟す

f0145484_23414367.jpg


~ブログランキングに参加しています。お好きな内容・写真でしたら清き一票を。~
☆人気ブログランキング☆ ← こちらをクリックしてください。



昨日はバスケットの試合があった。

個人的には、とっても気合いが入った、気持ちののった形で試合に望んだ。だが、30歳を超えるとなかなかしんどいものがある。ガードとしてコートに立つが、ガードはボールに触っている時間が一番長く、それだけにチームに与える影響力は大きいと考えている。社会人でチームを構成・参加する場合、ガードが一番を年齢のごまかしがきかないポジションであるとまで思う。必要とされるスキルは、走力・スタミナ・ハンドリング・洞察力・シュート力・ドライブ・パス・ディフェンス・セーフティ・統率力・バスケ知力。まだまだあります。今の自分には、さぼっていた期間が長かった分、失ったものが多くある。こればかりは少々後悔だ。チームを鼓舞し、直接的ではなくとも、間接的に勝利に貢献できればそれでよいと思っているが、少々壁を感じた試合だった。

勝ち残ったチームのガードを見てみる。どこのチームのガードも相当にフレッシュな顔ぶれが並ぶ。ガードが変わればチームは変わる。変貌する。我がチームにもやはりガードが一枚しかいないのはまずい。なるべく早く一枚増やさなくては。フレッシュなガードを。

負け試合のあと、審判もした。久々に吹きたかった。試合の内容はさておき、自分の目には二人の選手が目にとまった。共に有に30歳を超え、若き頃はばりばりの人たちだ。数字上では大したことはないプレーだったかもしれないが、その質には少々驚いた。彼らのことはかなり前から知っているが、あんなに楽しそうに淡々と黙々とプレーしているのは初めて見た。たぶん充実しているのではないかと思う。変に勝ちたいとも思っていないのではないだろうか。少し、今の自分の心境に似ている気がした。バスケが好きだということに改めて気づき、バスケを楽しみたいと思い、一生懸命になれる。同じ気がした。彼らは自分よりも年上であり、ポジションは違えど、あんな風に何年か後もコートに立っていれたらと思う。・・・・ガードでは無理かもしれないけど。

話しは戻って我がチームはと言うと。
精神的に弱いことを改めて感じた。明らかにチームのみんなは第3Qにあきらめた。終わっていた。若いからなのか。性格がそうなのか。それとも勝てないと悟ったか。ゲームへの入り方も、まずかった気がする。軽かったというか、準備が整っていなかったというか。そこそこ勝てることで、満足しているような雰囲気もある気がする。目標はどこか。トーナメントを戦うと2週、3週にわたるため、モチベーションとコンディションを維持するのは意外に大変。だけど、最終目標は、ベスト4でもなければ決勝進出でもなく、やはり優勝だということをチームの最高の目標であるということを、今一度皆と共通認識をもちたい。みんながあきらめたことも悔しいが、そういう局面を自分で打開できない技術力の低くなった自分が情けなかった。昔なら、もう少し直接的にスコアに貢献できたけど、今の自分にはそんな力はない。少しオフェンス力を取り戻さなくてはいけない。宿題はたくさんあるな~、できることは限られているのに。

今一度。我がチームに優秀な能力あふれる人材はいない。それだけにあきらめたら終り。それだけはチームのみんなにどこかで伝えなくては。自分を優先するプレーも、自己満足なプレーもいらない。協力して、常に上を見なければ、我がチームに勝利はこない。

もう一回みんなで9月の大きな大会に向けて頑張るぞ。
by mono_color_8 | 2007-07-17 23:22 | D200